泥染ギャザーワンピース(Tabrik)

45,000円(税抜)

どこの国かはわからない西と東が混在したところ。
自由を纏い、場所を変え、時を経ても袖を通してもらえるもの。
オリジナル素材を中心に、
古い時代や現代の手仕事の美しいものを織り交ぜて、
着る人のその傍に無造作に重ねられていくような
もの作りを目指していくTabrik(タブリク)。 

デザイナー手島紋さんは、
京都の豊かな自然に恵まれたアトリエで
日々もの作りと向き合いながら、
ひとつひとつのデザインを丁寧に紡ぎだしています。


*******************************


Tabrikがあらたに取り組み始めた泥染めのシリーズ。
今回はラミー素材のワンピースをご紹介します。

一般的にラミーは同じ麻のリネンと比べて
固いというイメージがありますが、
このプルオーバーに使われているラミーは
160番手というかなり細い糸で織られています。
柔らかくサラっとしていて肌に直接触れても問題ありません。

そしてこのワンピースはTabrikが作り続けているデザインです。
前と後ろの衿もと、袖の切り替え部分に細かく寄せたギャザーと、
ふんわりと立ち上がる衿からなだらかなラインを作るVネックは、
小さなフックで留められ、
その脇にはアンティークのビーズが一粒控えめに輝いています。
衿元から肩にかけては華奢に見え、
程よいボリュームのボディはふんわりと軽やかなバランスです。

また、新たに試みた泥染は、
福岡県の染工房で昔ならではの技法によって施されています。
まず草木で染め、その上から鉄分を多く含んだ泥で固着させます。
そうすることでそれぞれの色が反応し、
1枚1枚が異なる表情の深みある美しい茶色に染まります。
そして、たくさん着て洗うことでますますいい色となり、
着古したアンティークのような、
Tabrikならではの独特な雰囲気に仕上げられます。

季節の変わり目はお天気も不安定で着るものに悩みますが、
晩夏に暑さが戻ったときはジリジリとした日差しから素肌を守り、
夕方に吹く秋風も心地よく過ごせます。
急に肌寒くなった日はインナーに薄手のハイネックをあわせたり、
冬はネル素材のアンティークのアンダースカートを
裾のスリットからのぞかせて、
ざっくりしたカーディガンを羽織ったりと、
1年中泥染めの風合いをお楽しみ頂けます。


《ご注意点》
・最初は摩擦による色落ちがみられますので、
   白や淡色と合わせてのご着用はお避け下さい。
・泥染めの特徴として、耐光面が少し弱く、
   長い時間をかけて少しずつ変色していきます。
   保管の際は直射日光や蛍光灯の光があたらないようにして下さい。
・柑橘果汁が付くと変色します。ご注意ください。


《お手入れ方法》
・お洗濯は単品で優しく押し洗いなどの手洗いをお願い致します。
・ドライクリーニングには出さないでください。
・漂白剤、蛍光剤の入った洗剤のご使用はお避け下さい。
・縦にギュッと手で絞って、シワのまま干して下さい。
・陰干しをお願い致します。

 
material: ラミー100%
color: 濃泥色
size: 着丈108cm、裄丈61cm、身幅58cm、裾幅77cm
quantity:在庫あり SOLD OUT
delivery: ご入金確認後3日〜5日


*20,000円以上お買い上げの場合、送料無料とさせて頂きます。
*画面上と現物の色が若干異なりますことご了承ください。
*上記の染めの特性をご理解のうえご購入ください。
*生地に見られる色節やネップは天然素材の特性となります。
*在庫少量のため売り違いの際はご容赦下さい。
*こちらの商品はお客様のご都合による
  返品はお受けできませんので、あらかじめご了承下さい。



photo & styling by Rika Yamashita